徹底検証!「台風といえばコロッケ?!」ネットでは当たり前?元ネタは?

台風×コロッケ

全く関係のないような、この二つのキーワード。

実はネットではなじみが深く「台風といえばコロッケを買う」なんだそうです。

たまたまツイッターで台風の日にコロッケがトレンド入りしているのを見つけ、不思議に思って調べてみました。

そこで、この記事では「台風×コロッケ」を徹底検証して行きたいと思います。

台風コロッケの由来

そもそもの発端は、さかのぼること18年前!

2001年8月21日のことです。

2ちゃんねる(現:5ちゃんねる)に書きこまれた投稿がすべての始まりでした。

それは、

「念のため、コロッケを16個買ってきました。もう3個食べました」

と言うもので、書き込み主はおそらく、台風接近で危険なため外出できないことを予想して、コロッケを買い貯めしたのでしょう。

これ以来、10年間、その風習は徐々に広がり今ではイオンなどの大手スーパーでも「台風コロッケ」として販売されています。

 

 

ツイッターでの反応

ツイッターでも台風が来るのでコロッケを買った!というツイートが沢山。

https://twitter.com/Asage/status/1170514336038567941

まとめ

いかがでしたか?

全国各地で「台風コロッケ」として販売されているんですね。

私たちの知らないところで、色々なブームがおこっています。流行っていると知らないものでも、ルーツを探ると10年以上前からジワジワとブームがおこっているものが他にもあるかもしれませんね。

次の台風が来たら、私もコロッケを買いに行こうと思います。もちろん安全面には十分気を付けて。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。